四千頭身 後藤の猿の種類は?ペットにして飼えるの?

ニュース・トレンド

四千頭身の後藤さんがテレビ番組「I LOVE みんなのどうぶつ園」の企画で、かわいい猿の赤ちゃんと共演していますね。

後藤さんになついている猿はなつきちゃん。

くりくりの目がとってもかわいいですよね。

このページでは、後藤さんの猿なつきちゃんはどんな種類の猿なのか、ペットとして飼うことはできるのかということについてご紹介したいと思います。

四千頭身 後藤の猿の種類は?

番組で四千頭身の後藤さんがお世話している猿のなつきちゃんは、フサオマキザルという種類の猿です。

 

漢字では「房尾巻猿」と書きますが、頭の両側に房のような逆立った髪があるのが名前の由来となっています。

 

中南米原産のとても賢い猿で、昔からサーカスや動物園の猿として飼われたり、心理学の学術研究のために飼われたりしてきました。

 

最近では、介護猿としてお仕事をしているフサオマキザルもいるんですよ。

 

フサオマキザルは猿の仲間ですが、チンパンジーなどの類人猿に近い知能を持っているため、「南米の類人猿」とか「南米のチンパンジー」な度と呼ばれています。

 

 

フサオマキザルは古くから人間と深い関わりのある猿なんですね。

四千頭身 後藤の猿はペットにして飼えるの?

今回、後藤さんがお世話をしているなつきちゃんがかわいくて、ペットにしてみたいと考える人もいるのではないでしょうか。

 

フサオマキザルは絶滅危惧種ではありませんので、ペットにして飼うことは可能です。

 

ただし、フサオマキザルを飼うことは簡単ではありません。

かわいいからといって気軽に飼い始める前に、本当に最後まで責任を持ってお世話ができるかよく検討すべきだと思います。

フサオマキザルの寿命

フサオマキザルの寿命はとても長く、野生なら10数年ですが、人間に飼育されている場合30~40年生きることもあります。

 

フサオマキザルが介護猿になっているのは賢いからというのが一番の理由ですが、寿命が長いことも理由の一つです。

 

介護の訓練には5~7年かかるものの、その後何十年も介護猿として働いてくれることが多いため、介護犬よりも重用されるケースがあるんですね。

 

ペットにする場合、今から30年以上フサオマキザルと一緒に過ごせるか、ということを慎重に判断しなければなりません。

 

一緒に過ごす年月を考えると、フサオマキザルと結婚するような感じかもですね。

フサオマキザルの大きさ

フサオマキザルの大きさは、

  • 体長:30~56cm
  • 尾長:35~56 cm
  • 体重:2~4 kg

となっています。

 

オスの方がメスより体が大きくなることが多いです。

 

そこまで体が大きくなるわけではありませんが、賢い猿なのでケージなどに閉じ込めておくことはできません。

フサオマキザルの飼育環境

フサオマキザルがストレスなく過ごすためには、部屋や小屋で自由に動き回れるようにしたり、大型のケージを用意する必要があります。

ケージなら高さも2m以上は必要になりますので、広いスペースが必要になりますね。

 

また、フサオマキザルは中南米の森林に住んでいる猿であるため、室温は25℃前後、湿度60%に保つようにしてあげましょう。

 

春夏秋冬のある日本では、室温湿度の管理は必須となります。

フサオマキザルの餌

フサオマキザルは雑食性です。

木の実や果物・野菜、昆虫などを食べますが、基本的には市販の猿用フードなどを利用することになります。

 

病気を防ぐために、栄養管理や食べ過ぎには十分な注意が必要です。

フサオマキザルの価格

フサオマキザルは販売もされており、ネットで調べたところ250万円超の価格がついていました。

ペットとしてお迎えした後は、餌代や室内の管理費、病院代などもかかってきますので、予算は犬や猫よりも多く必要になると思われます。

 

犬猫以外を診てくれるエキゾチックアニマル専門のペット病院が近くにあるかも事前に確認したいですね。

まとめ

四千頭身の後藤さんがテレビ番組でお世話している猿なつきちゃんの種類、ペットしての飼い方についてご紹介しました。

動物の赤ちゃんは本当にかわいくて癒されますよね。

今後も番組でなつきちゃんを見られるのを楽しみにしたいと思います。

まとめ

  • 四千頭身 後藤さんの猿なつきちゃんはフサオマキザルの赤ちゃん
  • フサオマキザルは中南米原産の賢い猿の一種
  • 寿命が長く介護猿としても活躍している
  • ペットとして飼うにはハードルが高いので注意
タイトルとURLをコピーしました